banner

気胸再発を繰り返すなら気胸センターへ

肺に穴があき、息苦しさを感じる気胸という病気があります。
この病気は手術をしても再発することがある厄介な病気です。
人によっては10回以上の再発を経験していることもあります。
再発するたびに胸に管を挿入したり、肺の表面にできたブラを取り除いたりする必要があります。
軽度の気胸であれば安静にしていれば自然治癒することもありますが、重度の場合は呼吸困難になることもあり、決して侮れない病気です。
この病気の再発を繰り返して、仕事を辞めざるを得なくなるケースもあります。
こうしたケースを防ぐためにも、気胸再発を繰り返している人が助けを求めてやってくることが多いのが、日産厚生会玉川病院です。
この病院では気胸専門の研究がなされています。
そのため、現在では原因がはっきりしていない気胸について、ストレスとの関連性を指摘するなどの先進的な活動がなされています。
気胸手術を担当する医師はベテランでありかつ気胸の研究を重ねているため、再発防止にも期待できます。
実際、気胸は手術の際にブラをきちんと取り除くことができなければ、短期間のうちに再発することもあります。
再発を繰り返して嫌気を起こしている患者が全国各地におり、こうした患者が最後のとりでとして日産厚生会玉川病院にやってくるのです。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.franciscoumbral.com/