banner

弔電は日本の心です

日本人は、きめ細やかな心遣いができる人が多いです。
ですから、気持ちを伝える方法がいろいろあります。
場所は離れていても、気持ちが届くことで心強くなることもあるのです。
身近な人がなくなってしまったときなども、悲しみに暮れている人を勇気付けることができる弔電を送ることもいいでしょう。
その人を思いやる気持ちはとても大切です。
残された家族の為にも、故人をしのぶためにも、気持ちを込めた弔電は、心を癒やすものとなるでしょう。
お通夜や、お葬式だけではありません。
四十九日や命日にも弔電を送ることは気持ちを形にすることができるので、出席できない場合に利用できます。
そばにいることができなくても、形にすることで、その人を思う気持ちは伝わるものです。
誰かにやさしい言葉をかけてもらう事で、人は強くもなれますし、前に進むこともできるのです。
大切なのは、気持ちをきちんとした形で伝えることです。
どんなに心の中で思っていても、相手には伝わりにくいので、気持ちを言葉にすることは大切なのです。
直接言葉をかけるのが苦手だという人も、心のこもった文章を形にすることで、気持ちが形になり、効率よく伝わるのです。
言葉は大切です。
大切な人を想う気持ちも大切にしていきたいですね。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.franciscoumbral.com/?fra=3