banner

赤ちゃんがどうしても欲しいなら卵子提供サービスの利用も考えてみましょう

女性は思春期に生理が始まる年頃になると、赤ちゃんを産める年齢になったと言えるでしょう。
そしてこの状態が続いている間であれば、問題無く妊娠が可能であると考えている女性は多い様ですが、あるデーターによれば30代頃から妊娠が難しくなるとされています。
昨今では30代になって結婚をするという女性も特に珍しくないという状況の中、子供が作れない不妊という悩みに直面している夫婦は増えている模様です。
一般的には結婚をすれば夫婦共に赤ちゃんを望むのは無理からぬ事でしょうが、男性側の精子に異常が見当たらなければ、女性の卵子が受精卵を作りづらい状況になっている可能性があると考えられます。
様々な不妊治療を行っても解決しない場合には、第三者である女性の卵子提供を受け入れる事で、妊娠を成功に導く事が可能になりました。
つまり第三者である女性の子宮内で、夫の精子と掛け合わせる事で受精卵を作り、その受精卵を奥さんの子宮に移植をするという事です。
この場合気になる点として、戸籍登録をして日本人の一人として認めて貰えるのかという事かも知れませんが、この点については問題ありません。
一人の人格を持つ夫婦間に生まれた国民として、戸籍登録されるので安心です。
またオプション料金が必要になりますが、男と女の赤ちゃんの産み分けが99%の確率で可能になりますから、夫婦間で良く話し合った上で決めると良いでしょう。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.franciscoumbral.com/