banner

冬の必需品、スタッドレスタイヤの準備はお早めに


思わぬ雪に見舞われて身動きがとれなくなったり、深夜の内に路面が凍結してしまい、通勤に支障をきたしたりします。
こうした事態に備えていち早く準備しておきたいのがスノータイヤ(雪道用のタイヤ)の一種である、スタッドレスタイヤです。
かつて、冬用タイヤと言えばスパイクタイヤが主流でした。
ですが、スパイクタイヤは凍結していない路面で走行した際に、アスファルトを削って粉塵を発生させてしまう問題から規制がかかる様になりました。
その流れの中で、スパイクタイヤに代わり普及してきたのがスタッド(スパイク)レスのタイヤです。
スタッドレスの特徴は、深い溝で雪道でもトラクションが稼げる様になっていることと、サイプと呼ばれる細かい溝が凍結路面を引っ掻くことでスリップしにくい工夫がされていることです。
また、通常のタイヤとはゴムの質が違い、より凍結した路面に強い様にメーカーによって様々な工夫がされています。
こうしたスタッドレスタイヤの特長をフルに生かすには、夏場等の未使用時の管理が大切です。
日の光を避けて、温度の上がり過ぎない場所での保管がタイヤの寿命を延ばします。
また、積雪の少ない地域でも、急な凍結に備えて早めにスタッドレスタイヤの状態をチェックして通常タイヤと履き替えておくことが、冬の安全な走行の為には大切です。
http://www.slc-parts.com/shopbrand/026/Y/

Copyright(c) 2012-2013 http://www.franciscoumbral.com/?fra=3