banner

介護職を社会的に安定し、転職者を増やすために

昨今、高齢化社会をむかえ介護の重要性がますます大きくなっています。
しかし、それとは裏腹に介護職へ転職したいと望む人が減っているように思います。
実際に、他業種から介護の仕事をするようになって、自分が思いえがいていたイメージとは真逆で、仕事がきついわりには少ない賃金、人材が確保されていないためか、残業や深夜にまで仕事をしなければならない労働環境の悪さ、そして誰もが1度は経験するであろう人間関係など。
数えたらきりがないのです。
しかし、現場では人手が足りず人材募集をかけても、希望の人数には足りていないのが実情ではないでしょうか。
確かに、希望して就いた人もいるでしょう。
しかし、思っていたより多忙な日々。
このような状態では人材が確保できない事でしょう。
これらの実情を踏まえ、国は早急に人材の育成、そして賃金の見直しの必要性があると思うのです。
老人の数も多くなっていく中で、サービスを使いたいと思う人がいても、人材が足りていないからと十分なサービスが受けられなければ、この先不安材料が増えていくことでしょう。
これから先、望むことは地位の確定、賃金の上乗せが優先課題となっていくことと思います。
そのようにすれば転職も増えて、人気職種へとなっていくと思うのです。
そうすれば、ありがとうと感謝の意を言われたとき、充実感とこの職種についてよかった転職してよかったと心底から思え感じるはずです。
人気職になれば、人材も確保でき充実したサービスにもきちんと手が届くようになります。
さらなる安定した仕事になるように願わずにはいられません。http://a-career.info/kaigo/pc/faq/

Copyright(c) 2012-2013 http://www.franciscoumbral.com/