banner

サッカーの大怪我の経験を活かして理学療法士になるために星城大学リハビリテーション学院に行くことにしました

私は小学校、中学校、高校の間、運動が好きだったのでずっとサッカーをしていました。
サッカーは試合中に激しく体を接触することもあるので、結構怪我の多い激しいスポーツであると言えます。
私もサッカーの試合で1回自分の膝に大怪我を負ってしまったことがあり、リハビリをしてかなり良くなったのですが、完全には治りませんでした。
そして私はサッカーでの大怪我の経験を活かして、体が不自由な人をリハビリしたり、コミュニケーションを取ったりしてサポートする仕事である理学療法士になりたいと思いました。
理学療法士になるためには一定の期間専門学校で学んで、その後理学療法士の国家試験に合格をする必要があります。
そのため理学療法士の国家試験を受験するために理学療法士になるための専門学校に通う必要があります。
そして私は理学療法士になるための専門学校に通っていて、その学校は星城大学リハビリテーション学院と言います。
この学校は国家試験の合格率がとても高いので、私にも最適の学校だと思えたのでこの学校に通っています。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.franciscoumbral.com/