banner

自己啓発に取り組んでいることは?

本郷 智祥は大学卒業後、不動産会社の営業マンとして就職しました。その間、宅地建物取引主任者の資格は内定をしてから就職する前に取るように言われて、それは取得しました。なぜなら、それがないとお客さんと取引できないからです。

次に、大学時代は経済学部でしたので、簿記2級は持っています。就職活動に有利になるのではないかということで取得しました。本郷 智祥が会社に就職してからは、特に資格でスキルアップすることはなかったのですが、営業マンに必要な資質のためのビジネス本は読むようにしています。

また、営業トークが比較的苦手であったことから、朝夕の通勤列車での時間を中心に、ビジネス書などの自己啓発本を読むようにしています。また、営業マンとしては市場を読む力も必要ですから、経済新聞も読むようにしています。本格的な勉強に取り組まなければと思っていますが、なかなか時間が取れないのもまた現状です。自己啓発というわけではないですが、ニュースは見るようにしています。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.franciscoumbral.com/