banner

ブロックチェーンの仕組みと応用できる分野

仮想通貨取引においてその安全性を強固に保つ一番の理由になっているのが、ブロックチェーン・テクノロジーです。
仮想通貨取引では数十個の取引記録情報をひとつのブロックにまとめ、それを鎖状につないでいくことで、データ改ざんを防いでいます。
なぜデータ改ざんが防げるかというと、すべてのブロックは前のブロックに関連した計算によって生まれているからです。
つまり、ある特定のブロックの数値を操作して不正を働こうとしても、前後につながっているブロックとの数値に齟齬をきたしてしまうため、改ざんがすぐにわかるという仕組みになっているのです。
しかも、その見張りは通貨取引に参加しているすべての人が行えるようになっていますので、情報は常にオープンになっています。
仮想通貨取引においては、過去の記録はすべてブロックチェーンによって保管されていて消えることがありません。
結果として情報はどんどん膨大になっていき、各ブロックを作成するために必要な特定の条件を満たす数値の発見作業はより大変になっていきますので、それらすべてのつながりを持たせたまま一部のデータを改ざんするということは現実的に不可能です。
この計算によって成り立っているブロックチェーンの仕組みは、今後、金融機関を筆頭にさまざまな分野で応用されていくものと考えられています。くわしくはここをクリック!

Copyright(c) 2012-2013 http://www.franciscoumbral.com/