banner

一人じゃない喜びを実感できそうなのが、シェアハウスの魅力ではないでしょうか。

私は高校を卒業した後、親元を離れてアパートで生活を送っていました。
その土地で生活するのは始めてだったので、周囲に友達もおらず、時々孤独に苛まれる事もありました。
何より一人暮らしで大変だったのが、病気になった時です。
病院にも自分で行かなければなりませんし、看病したり見守ってくれる人もいなかったのが、辛かったなぁ・・今振り返っても、そう感じるものです。
また、毎日の食事の準備も大変で、一人の食事の味気なさを痛感させられ、人の温もりの大切さを味わされた、というのが正直なところです。
今年息子が東京の大学に合格し、私と同じように一人暮らしを始める事になりました。
せめて息子には、自分と同じ思いを体験して欲しくないと考え、インターネットで孤独感や辛さ、というものを感じないようなところはないか、捜してみたんです。
そして見つけたのが、シェアハウスでした。
シェアハウスとは、20~30代の日本人だけではなく多国籍の若者や、バックパッカー等が一つの家をシェアして住む居住形態なんだそうです。
シェアハウスだと、いつも誰かがそこにいる場合が多いでしょうし、比較的リーズナブルな値段で東京の生活を満喫出来るのではないか、と私は感じています。
コミュニケーションや笑顔が絶えない場所だと思いますので、息子にも紹介してみようと思っています。

Copyright(c) http://www.franciscoumbral.com/?fra=4