banner

安全な精密機器の輸送のために使われる資材の性格というと

個人用の荷物を送るときには、段ボール箱の中に荷物を入れて発泡スチロール素材の緩衝材を詰めたりして衝撃を吸収するようにしている人が大半だと思います。
業務用の精密機器を安全に輸送する時には、箱に緩衝材を入れることはもちろんのこと、外側の角部分なども衝撃が加わらないように輸送する必要がでてきますので、キャスターつきのボックスをひとつ丸々使って、そのボックスに資材を組みつけておくことで、精密機器が外箱も含めて輸送中に衝撃を受けないように工夫されていると知りました。
精密機器を安全に輸送するために使われる、ボックスに組みつけられる資材の性格は、複雑な形状にもフィットするなど、絶対に衝撃を精密機器および外箱に与えないように配慮するという性格で、現在最も信頼性が高い輸送方法といわれるのです。3Qオプションで安全な精密機器の輸送を実現|JITBOXチャーター便

Copyright(c) 2012-2013 http://www.franciscoumbral.com/